エグリトラカミキリ

画像
 兵庫県某所にカミキリムシの採集に行きました。現地では、クリストフコトラカミキリ狙いのカミキリ採集家が大勢押し寄せ、ハードな採集となりましたが、13種類のカミキリムシが取れました。例年のこの時期と比べるとまずまずの成果でした。

 普通種のエグリトラカミキリがぼちぼち現れ出したようです。そのポイントでは例年、6月末頃に大量発生します。小型のトラカミキリで、青みかかった灰色の体に黒い模様が入っていて、色と模様には個体差があります。伐採され野積みになったクヌギの丸太に集まって来ます。

 ポイントを見つけ、捕まえて行くのですが、日差しが強い間はトラカミキリは涌いて、どいつもこいつも素早く、飛んで逃げるので捕まえるのは大変。大変なので、その分必死になる事が出来るので楽しめます。日差しが弱くなると太陽の陽で温められた丸太と丸太の間に入ってしまって数が極端に減ります。こうやって暖をとるみたいです。なかなかカミキリ達も考えているのですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック