オトシブミのゆりかご

画像
 オトシブミのゆりかご作る技には感心させられる。葉っぱに切り込みを入れ、巧に折りたたみゆりかごを作っていく。小さなオトシブミが自分の体より数倍も大きな葉っぱの構造を熟知し、自在に操る。伝統工藝の職人のようだ。

 オトシブミが集まる木やその周辺の地面にはゆりかごがある。ゆりかごの真ん中には卵が一つ産み付けられている。孵化した幼虫は幾重にも折り畳まれた葉っぱを食べて育つ。ゆりかご1つで幼虫1匹、育つ。蛹になって羽化し、ゆりかごから巣立っていく。そして、夏眠、冬眠してしまうらしい。

 オトシブミは小さいけれど、緑に光り輝くもの、紫に光り輝くもの等、綺麗な色をしている個体も多い。クヌギ、コナラ、ハンノキ等の近くで、オトシブミをじっくり観察してみるのもおもしろい。また、オトシブミのゆりかごを育ててみるのもなかなか楽しめます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック