テーマ:カミキリムシ

アカアシオオアオカミキリ

 ミドリカミキリを大きくしたようなとても綺麗なカミキリムシです。体長は3センチを超え、横幅もあります。夜間、クヌギの樹液に沢山集まっていた。初めて目にしたカミキリムシだったので、写真に収める前に手が出てしまい、採集後のに収めました。つくづく採集と写真撮影が両立しにくいことを痛感しました。  さて、このアカアシオオアオカミキリを触…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キマダラヤマカミキリは夜が好き

 キマダラヤマカミキリは、4センチ程のほっそりしたカミキリムシ。クワガタやカブトムシから少し離れたところに陣取り、立場的にはカブトムシやクワガタより下。追われると抵抗することなくそそくさと逃げて行ってしまう。  昆虫の夜間採集をするようになり、嫌と言う程出会うようになった。それも赤いダニ塗れの状態で。それまでは自分の中では希少種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄砲虫の親はゴマダラカミキリ

 ゴマダラカミキリ、もしかしたら日本人に一番馴染み深いカミキリムシかもしれない。カミキリムシと言えば、このカミキリを思い浮かべる人が多い。黒い甲に白い小さな斑が点在する大き目なカミキリ。この模様のインパクトはとても大きい。ただ最近、農薬の影響もあり個体数を減らしている。  そんなゴマダラカミキリを奈良公園で捕まえました。触角が短…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キイロトラカミキリ

 伐採地に湧くこのカミキリムシ。名前をキイロトラカミキリと言う。湧き方は半端ではない。産卵に適した場所では、出会いのハッテンバと化し、一平米で100匹以上が集まる。ここでは、それぞれがせかせかと交尾の相手を探している。沢山いるのだが、カミキリムシにも好みがあるようで、好みのパートナーが見つからないようだ。一方で人気のある雌がいる。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キスジトラカミキリ

 このカミキリムシは、アシナガバチに擬態する。黄と黒のコントラストや大きさがアシナガバチを想起させる。よく見れば違いは分かるけれど、バッと見ただけだと、印象深い特徴長だけで識別するので、アシナガバチ、と早とちりが生じる。  さて、このキスジロトラカミキリは、今の時期クヌギ等の伐採地で普通に見つける事が出来る。2センチ程のちいさな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通称オヤジ、ゴマフカミキリ

 オヤジと呼ばれているゴマフカミキリ。2センチ程度の大きさだが、体幅がありどっしりと安定感がある。地味な色合いがより一層安定感を演出する。今の時期、交尾しているところを見掛ける事が多い。  このゴマフカミキリ、なかなか人の気配を感じるのがお上手。目が良いのか、耳が良いのか、勘が良いのか、人の気配を感じるとコロリと地面に転げ落ちて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニセリンゴカミキリ

 多くのカミキリムシが発生する時期なので、最近は毎週と言って良いほど兵庫県某所にカミキリムシの採集に出掛けています。カミキリムシは種類が多いので、毎回初めて捕まえるカミキリムシが混じるので、期待に胸が膨らみます。捕まえ方は手づかみであったり、叩き網を使ったり、蝶を捕る要領で捕ったりが中心。本能に任せて捕ります。珍品を見つけると慎重に捕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグリトラカミキリ

 兵庫県某所にカミキリムシの採集に行きました。現地では、クリストフコトラカミキリ狙いのカミキリ採集家が大勢押し寄せ、ハードな採集となりましたが、13種類のカミキリムシが取れました。例年のこの時期と比べるとまずまずの成果でした。  普通種のエグリトラカミキリがぼちぼち現れ出したようです。そのポイントでは例年、6月末頃に大量発生しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴマフカミキリ

 カミキリムシはとても種類が多く、綺麗なカミキリ、汚いカミキリ、大きなカミキリ、小さなカミキリ等々様々な個体がいる。私的には、汚い色と言うか地味な色のカミキリが好きで、サビカミキリやゴマフカミキリは特に好きである。  冬、兵庫県でクワガタの材割採集をしていて見つけたカミキリの幼虫が先頃めでたく羽化しました。小さな幼虫だったのでサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラミーカミキリの季節到来

 カラムシの葉の上に今年も水色が素敵なラミーカミキリが現れ始めた。2センチ程度のカミキリムシだが、ふにゃふにゃでほっそりしたハナカミキリとは違ってがっちりしたカミキリ。色もうっすら水色で綺麗。なかなかの人気者。  大阪でも生駒山系で簡単に見つけることが出来る普通種です。簡単と言ってもカラムシを探すのが大変ですが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタルカミキリの季節

 兵庫県の某所で2センチ程度のホタルカミキリが大発生している。発生の仕方は半端ではない。1平米当たり100匹位と、凄い密度。この時期限定である。焚き物に使う為に積んである薪に群がっていて、ここに産卵予定。  カミキリにせよ、クワガタにせよ、山に人の手がある程度加わっていないと育たない。人と共存している。ホタルカミキリにしても雨ざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽化したてのサビカミキリ

 兵庫県で採集してきたカミキリムシの幼虫が羽化しました。体長は2センチ強。いつも採集している個体より大きめです。飼育だったので栄養状態がよかったのでしょうか。  カミキリムシと言うのはクワガタに比べると圧倒的に種類が多く、900種を越えます。そのため、幼虫を採集しても判別がしにくい。それゆえ、どんなカミキリムシになるのか楽しみで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キマダラヤマカミキリの蛹

 山吹色した中型のカミキリムシ、キマダラヤマカミキリ。大阪にも案外多くいますが、夜行性なので余りお目に掛かる機会がないかもしれません。それに図鑑にも細かく載っていないので、捕まえても名前が分からないかもしれません。  そろそろ顔を出し始める頃で、早い個体は朽木の中で羽化し、頃合いを見計らっています。兵庫県の東条湖での材割で採集し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加速する好奇心、何の幼虫なの

 さて、この幼虫は何の幼虫なんだろう。朽ちた木の中からクワガタと一緒に出てきました。クワガタやカミキリの幼虫とは違います。足が芋虫のような感じでクワガタ等とは明らかに違います。卵管が変化して出来た針のようなモノがお尻にあります。一体全体何だろう。  判断に困ったので、飼育してみることにしました。果たして何が産まれるのやら。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キボシカミキリ

 9月の中頃、岡山県真庭市の蒜山高原でゴマダラカミキリを捕まえ時は、こんな時期に、って驚きました。それ以上に驚いたのは、9月末に大阪府四條畷市で捕ったキボシカミキリ。ちょっと小振りですが、とても元気。五体満足の完品。ヒゲが長く伸びているのでオスだと思います。  今年はまだまだ暑いので、色んな甲虫に出会えそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブチヒゲハナカミキリ

 6月中旬に能勢にカミキリを採集に行き、こんなカミキリを捕まえて写真を撮っていました。こってり忘れていて、フッ、と気付きました。  調べたところ、地域差が大きいブチヒゲハナカミキリ見たいです。最初は色合いのみで判断していたのですが、写真では分かりにくいですが、ブチになった髭に気付き断定に至りました。 【昆虫の写真の撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何て名前のカミキリムシなんだろう???

 髭の長いカミキリムシをみつけましたが、名前が判りません。日本には800種近いカミキリが生息しているので無理もありませんが… 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん むし
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨツスジハナカミキリ

 トラカミキリが沢山沸いていた時期があっという間に過ぎ去った。カミキリ好きにとっては夢のような二週間だった。今はもう死骸が転がっているだけ。  そんなトラカミキリに代わって色んなカミキリが現われて来た。偶然、杉の倒木で発見したのがこのカミキリ。トラカミキリよりすばしっこくて、捕まえるのが大変でした。 【昆虫の写真の撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キスジトラカミキリ

 炭作りの為に積んであった木にいたキスジトラカミキリ。アシナガバチに似た色合いです。また、腹面にも黄色の縞があるので飛び回っている姿をみているとアシナガバチそのもの。危険色を用いて捕まえようとするものに対して警告を発しています。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交尾中 キイロトラカミキリ

 大きめなのがオス、小さめなのがメス。子孫を残すため必死に交尾をしていました。なかなかパートナー探すのも大変。交尾中に割り込むカミキリも沢山いました。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん むし
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クビアカトラカミキリ

 兵庫県の山中で発見。他のトラカミキリが多い中、クビアカトラカミキリは少な目。赤い首を目印に探しましたが、一日探してたったのニ匹。採集に苦戦をしました。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん むし
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エグリトラカミキリ

  兵庫県の一庫ダム周辺で発見。  エグリトラカミキリ、ちょっと小ぶりの青灰色したカミキリ。燃料用にと束ねられた薪のところで湧いていました。観察していたら、午前中は近くに植えてある栗の花に集り、午後からは薪の集って交尾の相手探しをしていました。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトジロサビカミキリの怪

 オオクワガタの産地の兵庫県阿古谷でアトジロサビカミキリを捕まえました。しかし、少しばかり様子が変なのであります。硬い甲に背中が覆われているはずなのですが、非常に軟らかい。羽化したてなのかと思いましたが、どうやら違う。いつまで経っても軟らかいまま。まるでハナカミキリって具合。生態調べたものの、その辺りの記載がない。何らかの発育障害な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キイロトラカミキリの季節

 兵庫県の山中で伐採され積み上げられた木に沢山のキイロトラカミキリが湧いていました。その数凡そ1000以上。カミキリだらけとはこんな状態。  どうやら素早く動き廻り交尾の相手を探しているようです。時に交尾の最中に割って入りメスを強奪なんて生々しいシーンも見られました。そんなカミキリの迫力に脱帽。 【昆虫の写真の撮り方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クワカミキリ事情

 昔は5センチに迫る大きさでしたが、4センチに届かない。年々小さくなっていくクワカミキリ。個体数が減り、近親交配が原因なのでしょうか。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん むし
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニカミキリ、再び

 ない、ない。ワインレッドの羽にある小さな紋がない。と言う事は、ヘリグロベニカミキリではないと言う事。それにしてもそっくりです。  そもそもベニカミキリをはじめ、ヘリグロベニカミキリ、アカハネムシ、ベニコメツキムシ、ベニトゲアシガは、ベニボタルを擬態しています。外敵に毒を持ってるぞ、ってアピールしています。  今の時期、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘリグロベニカミキリ

 この紋が目に入らぬか。  ワインレッドの羽にある小さな紋がヘリグロベニカミキリの証。紫陽花の葉の上や竹の葉に付いているのを見かけます。物凄くすばしっこいし、隙があると直ぐに飛ぶので写真に収めるのが大変。なぜか蛍光灯の傘の中では動かないので、その中で撮りました。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨後の小さなカミキリ・クワサビカミキリ

 息子とその友達を連れて生駒山にカミキリムシ採集に出掛けました。昆虫採集は雨後が狙い目、と言うこともあって雷雨が収まってから出掛けました。その甲斐あって、クワサビカミキリを見つけました。小さなカミキリですが、生駒山で見つけたのはこれが初めて。ちょっとラッキー。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘリグロベニカミキリ、展足中

 大阪と奈良の境で捕まえたヘリグロベニカミキリ。ベニカミキリかと思ったのですが、羽の上に黒い斑。ベニカミキリにしては大きいと思いましたが、展足するまで気付きませんでした。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴマダラカミキリ

 子どもの頃、このカミキリムシは程ほどに大きかったし、沢山いたのでカミキリムシの定番でした。それに、1週間に1度程度ヤシャブシの枝をさえ入れておけば、簡単に飼う事を出来たので、よく採集しました。  黒字に白い小さな斑点が散らばっているこのゴマダラカミキリ。最近、宅地化が進んだり、農薬の影響で見つけるのが難しくなってきました。手で捕まえ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more