テーマ:昆虫館

琉球浅葱斑(伊丹昆虫館)

 アサギ色と呼ばれる薄い藍色の斑が綺麗なリュウキュウアサギマダラ。大きくゆったりと舞います。見ていると心を和ませてくれます。  沖縄・奄美にいる蝶ですが、日本各地の昆虫館の温室で人工飼育されたものが放蝶されています。逃げないので、こんなに接近しても大丈夫です。その距離、20cm。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツマムラサキマダラの幼虫(伊丹昆虫館)

 不気味な突起がニョキニョキっと伸びています。触ったらひどい目に遭うよ、と言わんばかり。ツマムラサキマダラの幼虫です。  このツマムラサキマダラの幼虫は、リュウキュウアサギマダラの幼虫と一緒で、動物が嫌がる防御物質や性フェロモンの原料を植物以外のもの、つまり他の蝶の幼虫から吸い取る性質があります。そして、吸われた幼虫は死んでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コノハチョウ(伊丹昆虫館)

 擬態する昆虫って案外いる。その代表選手がコノハチョウ。枯れた葉っぱに擬態している。擬態レベルが高く、羽の一部に鱗粉がなく透けているので葉っぱに穴が空いているように見える。本当によく真似ているもんだと感心する。個体間での変異がありそれぞれ模様は微妙に違います。ただ、何故か止まる際、羽を広げて止まるので、立派な擬態を見せる事はありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘラクレスオオカブト(橿原昆虫館)

 外国産のカブトムシが手に届かなかった頃から、このカブトムシの人気はすごかった。何がすごいのか分からないけどとにかくすごかった。でも、子供の頃の私はカブトムシとクワガタが合体したように見えたアトラスオオカブトが好きだった。クワガタが好きだったから。  橿原市昆虫館で見たヘラクレスオオオカブト。すごい人気だった。何でそんなに人気…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more