テーマ:チョウ

毛虫をじっくり眺めていて

 採集したり写真に収めた昆虫を図鑑やネットを使って同定していく作業は地味だけど楽しい。昆虫の特徴を頼りに同定を進めていくのだが、写真を見ただけでは微妙なところが分からないことも多く、難航する時もある。そして、どうしても知りたいけれど分からない時は、悔しいけれど人に聞く。  知り合いは昆虫採集の達人である。単純に捕るだけならプロ顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗の葉っぱに着いていた毛虫

 栗の葉っぱにこってりひつっいていたこの毛虫。緑と黒のコントラストが鮮やか。しかし、よく見ると毛が生えている。細かく見ていくうちに段々 と毒々しく見え、うっかり触ろうものなら一発でかぶれそうな感じがしてくる。実際はどうなのかは知らないが、この毛は相手を警戒させるには十分な役目を果たしている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪市内でオオミズアオ

 大きな青白い羽が綺麗な蛾、オオミズアオ。街灯を目指し、大きな羽で力強くゆっくりと羽ばたく。静かな場所だとパタパタと羽音が周囲一面に響き渡る。凄く神秘的。  大阪市内にある神社の近くでオオミズアオを発見。神社に生い茂っている木を食草にしていたのだろう。それにしてもこんな都会のど真ん中で生きているとは。  多くの昆虫は光りを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロホタルガの戦略

 けばけばしい、いやいやカラフルな色合いを生き物は危険色と判断する。危険色が示す通りシロホタルガの幼虫は毒を持っている。しかし、とてもけばけばしい割りに、毒はそれほど強くない。  岐阜県で見付けたシロホタルガの幼虫。余りのけばけばしさに周囲の注目を独占。気持ちが悪いのがおる、と危険色に反応して、警戒していた。まさにシロホタルガの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尺取り虫

 足が体の前と後ろにしかなく、動く姿は尺を取っているかの如く。そんなところから付いた名前が尺取り虫。シャクガ等の幼虫の総称です。毎年、このシーズンに野山に出掛けるとよく見掛けます。  さて、今のシーズンはこの尺取り虫に限らず多くの芋虫が野山で発生します。ちょいと山の中に入ると、大小様々な芋虫が枝にぶら下がっていたり、這っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さなクモに捕まったチョウ

 雨戸の戸袋の下に張られたクモの巣。お世辞にも、良い場所とは言いがたい。しかし、こんなところに大きな獲物が掛かるなんて。自然とはこんなものかもしれないが、偶然と言うのは恐ろしい。  暴れるチョウ、戸惑うクモ。クモのぎこちない動きが普段大物には無縁であるかのように見える。あくまでも主観ですが。  クモは戸惑いながらも、着実に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発進、ボクトウガ

 樹液を吸う甲虫にとって木から樹液が出ているか否かと言うのは死活問題である。樹液は木に傷が出来てそこから滲み出てくるもので、勝手に傷が出来て湧き出て来るものではない。外的な力を必要とする。  樹液が滲み出るのに大きな役割を果たしているのがこのボクトウガの幼虫。せっせと木をかじり樹液を湧かせ、ぼんやり近付いて北チョウなどの昆虫を狙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオゴマダラのクリスマスツリー

 メリー、クリスマス。オオゴマダラの金ぴかに光る蛹をオーナメントにしたクリスマスツリーです。温室を使って蝶の飼育をしている者ならではのクリスマスツリーです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紋白蝶の青虫

 11月だと言うのに、三重県伊賀市にあるモクモクファームでは多くの蝶が舞っている。朝晩寒くなっているが、それを凌いで日中舞っている。そして、アブラナ科の植物に産卵している。既に5令になっている青虫もいる。食草には食害された大きな穴が沢山空いており、青虫が勢いよく食べている事が分かる。近いうちに蛹になりそうな感じ。このまま蛹で越冬す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セスジスズメの幼虫

 里山に出掛けました。日当たりの良いところでセスジスズメの幼虫を発見。木の緑とセスジスズメの黒のコントラストが強烈です。これでは天敵に簡単に見つかって食べられてしまいそうです。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サザナミスズメ

 奈良の若草山山頂で発見。側溝に落ちてはい上がれないでいるサザナミスズメです。やっと秋らしくなって来たので、蛹になる場所を探している内に側溝にはまってしまったのでしょうか。とんだ災難に出くわしたものです。側溝の中ではこの色はとても目立ちます。鳥や小動物に食べられないことを祈るだけです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロメンガタスズメの幼虫

 くたびれかけたプチトマトに引っ付いていたクロメンガタスズメの幼虫。なかなかの大きさで貫禄十分。こちらの存在に気付くと大きく体を揺らし威嚇してきます。  尚、成虫は背中に人の顔のような模様がついています。とても不気味ですが、一見の価値があります。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオゴマダラの幼虫

 橿原昆虫館に行ってきました。放蝶してある温室で見つけたオオゴマダラの幼虫です。温室内で蝶が産卵すると、学芸員が卵を飼育室に移してしまうので、こうやって見つけられたのはラッキーでした。  このグロテスクな幼虫は終礼齢なので次の脱皮でな蛹になります。それがまた綺麗なんですよ。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤママユのオス

 大型のガ、ヤママユ。大きな羽毛状の触角は雄だけに見られるものです。その代わり雌は雄より羽が大きいのです。尚、成虫は口吻が退化しているので何も食べません。  岡山県真庭市の道の駅『蒜山高原』の公衆電話ボックスで発見。羽化後、日数が経過しているのでしょう。羽がボロボロです。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウンモンスズメ(雲紋雀蛾)

 前ばねは明るい緑灰色、後ろばねは赤色で、迷彩模様のウンモンスズメ。一度見たら物凄く印象に残ります。  8月の中頃に兵庫県猪名川町のコンビニの看板にへばり付いていました。夜間飛んできて、朝まで居座っていたのでしょう。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゾシモフリスズメ

 10cm以上ある大型のスズメガです。存在感があります。シモフリスズメか、エゾシモフリスズメか、迷ったのでネットで検索。翅の模様からエゾシモフリスズメと判断しました。間違っているかもしれませんが…  尚、大阪府ではレッドデータブックの準絶滅危惧種。時々見かけるんですが、いるところにはいるもんですね。 【昆虫の写真の撮り方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綺麗な蛾 オオミズアオ

 大きな青白い羽が綺麗なオオミズアオです。羽は汚れてボロボロ。羽化したては更に綺麗なのですが、なかなかお目にかかれません。  先日、岐阜県の岩屋ダムで、このオオミズアオが飛んでいる姿を見つけました。もったりバタバタ飛んでいました。もう少し勢いよく飛ぶかと思っていただけに意外でした。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肉食性のガの幼虫、ボクトウガ

グリム童話に魔女がお菓子の家を作り食べに来たこどもを食べてしまおうとする物語がある。ヘンデルとグレーテルがそれである。 そんな魔女のような虫がいる。その虫は、せっせと樹液が出るように木をかじり、虫を集め、隙きを見てパクリと食べてしまう。ボクトウガの幼虫がそれである。 肉食性のチョウやガの幼虫は、琉球アサギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒葵

 山の中で見つけました。ギフチョウの幼虫が食べる食草の寒葵です。卵から孵った幼虫は、せっせとこの葉を食べ、育ちます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオエグリシャチホコ

 電話ボックスの中で発見。オオエグリシャチホコっぽいです。  朽ち木の破片を連想させる質感。こんな蛾を山の中で見つけようものなら、まんまと騙されてしまいそう。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚愕のヤマダカレハ(山田枯葉蛾)の幼虫

 クヌギにへばり付いている毛虫。全長10センチ弱、不気味な毛の生え具合。何ぢゃ、これ。気持ち悪い。  早速、ネットで調べると、ヤマダカレハの幼虫と判明。場所によっては、準絶滅危惧に指定されている。毒性が強く危険なのだそうだ。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑一色、ヒメヤママユの幼虫

 生駒山のハイキングコースで発見。緑一色の大きな幼虫です。名前が判らなかったので、ネットで尋ねてみたところ、ヒメヤママユの幼虫と判明しました。どうやら、卵で越冬し、春に孵化した幼虫がここまで大きくなったようです。そろそろ繭を作って蛹化しそうなサイズです。  因みに、ヒメヤママユと言うのは大型の蛾で、成虫になると口が退化してしまうの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲハモドキ科のキンモンガ

 能勢の山の中で発見。昼間、葉の上に翅を広げて、これでもか、と言う位沢山停まっていました。黒地に薄黄色の紋と胴体が合わさって、矢印のように見え印象的です。何て名前の蛾なんだろうかと思って調べてみたら、アゲハモドキ科のキンモンガと判明しました。各地に普通に分布する、って書いてありましたが、生まれて初めて見ました。 【昆虫の写真の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トビモンオオエダシャクの幼虫

 木の枝に化け、頭に二本の角があってバイキンマンを想像させる顔。通称、尺取虫こと、トビモンオオエダシャクの幼虫。今の時期、多食性のため色んな木で見つける事が出来ます。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オビカレハの幼虫

 金髪で、毛深くて、太くて、長い。なかなか立派な大きい体をしています。大きくなったので、集団生活をやめ、単独で生活しています。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん むし
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲハの蛹の殻

 アゲハが無事に羽化に成功。蛹の殻がころがっています。蛹の殻なんて見る機会なんてありますか。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん むし
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲハの羽化

 今朝、無事に蛹からチョウになりました。完全に羽を延ばし切ったところではばたいていきます。息子が帰ってきてから放してやろうと思い、暗い所に移して羽を延ばしてもらう事にしました。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲハの蛹(緑色)

 アゲハの幼虫がどんどん蛹になっています。蜜柑畑で採集してきた幼虫も蛹になりました。蜜柑の枝で蛹になったので、保護色で緑の蛹になりました。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん むし
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲハの蛹(茶色)

 アゲハの幼虫がどんどん蛹になっています。食草から離れたところで蛹になるので意外な所で見つけられます。  自宅の前のコンクリートの塀でみつけました。しかし、食草が近くにはない。一体どこから這って来たんだろう。あら不思議。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脹雀蛾(フクラスズメ)の幼虫

 雀は冬の寒さに耐える時、体を膨らませ、羽毛を逆立てる。この動作をフクラスズメと呼ぶらしい。この幼虫も越冬する時に同じようにするらしい。そこからフクラスズメと呼ぶようになったらしい。ごく普通にいる蛾で、スズメと付いているけどスズメガとは無関係。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more