テーマ:アゲハチョウ

アゲハの蛹の殻

 アゲハが無事に羽化に成功。蛹の殻がころがっています。蛹の殻なんて見る機会なんてありますか。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん むし
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲハの羽化

 今朝、無事に蛹からチョウになりました。完全に羽を延ばし切ったところではばたいていきます。息子が帰ってきてから放してやろうと思い、暗い所に移して羽を延ばしてもらう事にしました。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲハの蛹(緑色)

 アゲハの幼虫がどんどん蛹になっています。蜜柑畑で採集してきた幼虫も蛹になりました。蜜柑の枝で蛹になったので、保護色で緑の蛹になりました。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん むし
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲハの蛹(茶色)

 アゲハの幼虫がどんどん蛹になっています。食草から離れたところで蛹になるので意外な所で見つけられます。  自宅の前のコンクリートの塀でみつけました。しかし、食草が近くにはない。一体どこから這って来たんだろう。あら不思議。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲハの前蛹

 一週間位まで三齢だったアゲハの幼虫が蛹に変わろうとしています。自ら吐いた糸を体に掛け、脱皮します。ここで失敗し、死んでしまうこともあります。命懸け。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん むし
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲハ 二齢幼虫

 夏蜜柑の花が咲いていて、ナミアゲハやナガサキアゲハが吸蜜に来ています。眺めていたら、葉っぱの上にナミアゲハの二齢幼虫がいました。天敵である鳥などの目を眩ますため、鳥の糞に擬態しています。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽化、ジャコウアゲハ

 このところ、オキクムシがジャコウアゲハに変身しています。判り易く言えば、ジャコウアゲハが羽化しているだけのことです。  写真は、雌。雄に比べて少し大きめで、色合いが綺麗です。4月末まで、羽化は続きます。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナミアゲハ参上

  北海道から南西諸島まで全国に分布し、更には、台湾、中国、朝鮮半島まで分布するナミアゲハ。都会でも、山奥でも見る事が出来、日本人に最も馴染深いチョウの一つです。  さて、写真は春型のナミアゲハ。夏型に比べ小さく、翅は、黄・黒・赤・青が色がとても鮮やか。しかし、どうも馴染み深いが故に、見過ごされてしまいがちです。あぁぁぁ、もった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャコウアゲハの前蛹

 10月の京都は木津川河川敷。自然の中ではなかなかお目に掛かり難いものですが、ジャコウアゲハの前蛹をわんさか発見。とりあえずシャッターを切りました。しっかり、糸で体を固定し、最終の脱皮をただ待つだけです。他のアゲハとはちょっと違った独特の形の蛹に変身することが出来るでしょうか。失敗するやつもいるので少々心配です。 【蝶の本】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オキクムシをご存知ですか???

 オキクムシ、実はジャコウアゲハの蛹のことをこう呼びます。黄色タイプと褐色タイプの二つがあるようで、他のアゲハとはちょっと違った独特の形の蛹を作ります。時に毒々しく見えるビロビロが中央に付いています。そんなところから、別名・オキクムシ。このオキクムシとは、番長皿屋敷のお菊の亡霊に似ているところからなんだそうです。お菊の亡霊とは昔の人達は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナミアゲハの幼虫

 日本全国に生息しているお馴染みのアゲハチョウ(ナミアゲハ)の幼虫です。カラタチ・山椒・温州みかん等のミカン科の植物の葉っぱをエサにしています。都市部でもこういった木が生えていると、比較的容易に幼虫を見つけることが出来ます。  全てのアゲハの幼虫は、突付くと、頭から臭角を出しきます。アゲハの種類によって臭角の色も違います。アゲハチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キアゲハの蛹

 幼虫を二匹捕まえて一週間も経たずして蛹になりました。前蛹から無事に蛹になったのです。とりあえず、第一関門を突破です。  時期が八月末だったので羽化の時期が秋なのか来春なのか微妙でした。結局、秋に羽化しましたが、残念ながら一匹は羽化に失敗。片方の羽が十分に伸び切りませんでした。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

キアゲハの前蛹

 あれだけ食欲が旺盛だった幼虫でしたが、ぴたりと食欲がとまりました。そして、水様便がでました。いよいよ蛹になるのです。口から糸を吐き体を固定し始めました。後は最後の脱皮。この段階で失敗することもあります。気が抜けません。 蝶がひらら
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キアゲハの幼虫

 キアゲハの幼虫。今年の夏、孵化シーズンが終盤に差し掛かった頃、見つけました。家で観察することにしました。三齢と四齢でしたが、まもなく脱皮。五齢になると、食欲旺盛になり、蛹化の準備の為です。エサの確保が大変で、最終的にはスーパーで大きなブロッコリーを買って来て与えました。 蝶になるとき
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more