テーマ:クワガタ

ヒラタ、ヒラタ、ヒラタクワガタ

 関西地方の某県の県庁所在地であるこの市には、大型のヒラタクワガタがやたら多い、と知り合いから常日頃から聞いている。まあ、話半分に聞いていたが、そんな雰囲気が伝わったのか、連れていってあげる、と誘って戴いた。ただし、ポイントは内緒、と言う条件で。  6月の某日、夕方採集に出陣。最初に案内されたところでいきなり、ヒラタ、ヒラタ、ヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捕獲、オオクワガタ

 天然もののオオクワガタを捕るのは非常に難しい。産地と言えど、難しい。乱獲が原因である。産卵場所が荒らされ、朽木が生減り、オオクワガタは産卵場所を求め飛び回るようになって小型化している。オオクワガタは大きいので長距離の飛行は苦手。長距離の飛行をし易くするため小型化している。そんな訳でに、幼虫の時期が短くなり、1年で羽化しているようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コクワガタの羽化

 冬に材割をして捕まえたクワガタが一斉に羽化している。まだまだ蛹室で完全始動するのを待っている。蛹室を透明なケースの蓋のところに作った個体がいる。昨朝、顎が黒くなっていたのでいよいよ羽化だと思っていたら、今朝はご覧の通り。羽化の最中だった。まだまだ白いところが沢山残っていて、羽が折り畳めていない。恐らく体は固まっていないので、蛹室の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国扁鍬形が羽化

 去年、商店街の福引きでうちの子がヒラタクワガタのペアを当て帰って来た。名前がわからない中国産のヒラタクワガタ。雄は7センチを越え、雌は3センチ程。大きさの釣り合いがとれないいかにも余り物の寄せ集めって感じのペアだった。こんなに大きさが異なっていたら雌の上に雄が乗っかっての交尾さ無理。どうやって交尾をするんだろうと言うのが最大の関心事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の関西クワガタ事情

 近畿地方では、4月の終わり位からクヌギにヨツボシケシキスイやボクトウガの幼虫が付き、5月中頃から樹液が溢れている。そして、今の時期、中にはもうすでに醗酵してつーんと鼻に来るあの独特の酸っぱい臭いが一面に漂っているものもある。  そんな臭いに誘われてクワガタ達が集まってきている。そして、穴から顔を出していたり、木にくつっいている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギラファノコギリクワガタ羽化

 思っていたより早くギラファノコギリクワガタが羽化しました。通常、オスは1年半は羽化にかかると言われていたので、1年で羽化とは驚きの速さです。この冬、菌糸瓶を21度に保っていたので成長を促したのでしょうか。  一方、常温で育てているオスはまだまだ幼虫。メスは前蛹。立派に大きく育っています。こちらの成長も楽しみです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本産のクワガタが一斉に蛹化

 冬季に材割りで採集したクワガタの幼虫が黄ばみ、動きが止まり仰向けの前蛹状態に入っていましたが、5月16日に一斉に蛹になりました。コクワガタ、スジクワガタ、ヒラタクワガタ、ミヤマクワガタ等。天敵であるコメツキ虫の幼虫や寄生蜂がいないので、ほぼ100パーセントの幼虫が蛹になっています。最近の安定した暖かさで蛹化が加速したのでしょう。羽化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10ヶ月経過したギラファの幼虫

 昨年の6月に孵化したギラファノコギリクワガタの幼虫です。卵巣が透けて見えないので雄です。まもなく11ヶ月に突入します。大きさはカブトムシの幼虫よりやや大きい位。日本のクワガタより遥かに大きいので、初めて見る人は、これがクワガタの幼虫?、とびっくりする方もいらっしゃるかもしれません。  ギラファノコギリクワガタは産卵セットを組め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽化失敗でアゴ変形、コクワガタ

 羽化失敗したコクワガタです。オオクワガタ捕りで朽木の材割をしていた時に出てきました。顎が大きく曲がって上を向いています。挟むことは出来ますが、機能しません。その為、材割りをしなかったら、羽化した朽木の穴から出ることは無理だった可能性が高い。仮に出られても、まともに歩けない。ひっくり返ってしまう。これぢゃぁ、樹液を吸うのも大変。生きる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越冬中のコクワガタを発見

 就学前の息子とその友達を連れて、小雪が舞う奈良に越冬中のクワガタを採集に出掛けました。そこは、夏に大型のヒラタクワガタで賑わう場所で、ここ数年随分お世話になっている場所です。  現地に到着し、息子がいきなり手にした直径8センチ程度の木端の中からコクワガタの雌が顔を出しました。その後もどんどんコクワガタが出てきました。時々スジク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チビクワガタを発見

 今年も新年早々からクワガタ捕りに励んだ。雪が舞う中、沢山捕った。しかし、不覚にも風邪をひいてしまった。  今年の第1匹目は、チビクワガタ。2匹目も3匹目も4匹目もチビクワガタ。朽木の中から幼虫と共に発見。顎が上を向き、小さなオニクワガタって感じ。よく見ればなかなか恰好良い。小さな突起もあるぞ。  愛知県の山の中で見つけたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニジイロクワガタの交尾

 初秋に羽化した世界で一番綺麗なクワガタ、ニジイロクワガタ。羽化したのは大きな角が立派な雄です。冬に突入する前に産卵させようと産卵セットを組み、雄と雌を一緒にしたところ、いきなり交尾を始めました。世代交代が早いので、運がよければ来年の春にはまたまた成虫が誕生です。産卵の確認ができたらの話なんですが。 【昆虫の写真の撮り方】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加速する好奇心、何の幼虫なの

 さて、この幼虫は何の幼虫なんだろう。朽ちた木の中からクワガタと一緒に出てきました。クワガタやカミキリの幼虫とは違います。足が芋虫のような感じでクワガタ等とは明らかに違います。卵管が変化して出来た針のようなモノがお尻にあります。一体全体何だろう。  判断に困ったので、飼育してみることにしました。果たして何が産まれるのやら。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コクワガタの雌

 知り合いと生駒山にクワガタ採集に行きました。コクワガタやスジクワガタの幼虫を沢山捕まえました。その際、幼虫に混じっていたコクワガタの雌を3匹捕まえました。成虫、幼虫共に元気です。  息子の友達にフレーク状になった朽木を詰め、幼虫を入れたペットボトルをプレゼント。子供達には大好評ですが、虫嫌いの親には不評です。 【昆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コクワガタの幼虫

 オオクワガタの幼虫と比べたらかなり見劣りするけれど、なかなかの大きさ。昨日、山で採集してきたコクワガタの幼虫です。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 ★外国産クワガタ・ガブトムシ飼育大図鑑 ★世界のクワガタ大図鑑―クワガタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオクワガタの幼虫

 オオクワガタの幼虫を採集してきました。卵巣がないようなのでオスです。中指程度の大きさで、プリプリしてとてもデカイです。  もう少し成長するので、この先がとても楽しみです。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 ★外国産クワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽化、パプアキンイロクワガタ

 プリンカップの中で育ててきたパプアキンイロクワガタが羽化しました。簡単に羽化させることが可能なので、初挑戦の我が子にも簡単に育てる事が出来ました。蛹の時から羽化が楽しみで、プリンカップを何度も眺めている内に蛹室を壊してしまうハプニングがありしましたが、何とか無事に育てることができました。めでたし、めでたし。 【昆虫の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギラファノコギリクワガタの三齢幼虫

 6月に産卵したギラファノコギリクワガタの幼虫が大きくなっています。クワガタの中で一番大きくなる種だけあって、大きさは群を抜いています。現在、大人の人差し指程。本当にでかい。この先、更に大きくなっていくんだろうね。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パプアキンイロクワガタ、蛹に

 育てていたパプアキンイロクワガタの幼虫たちが、1週間程度の前蛹の期間を経てどんどん蛹になっています。大きさは3センチ程度。ちょっとうれしい。  貰い物なので、どんな個体になるのか、羽化する日が楽しみです。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメツキムシの蛹

 飼育していたクワガタが産卵し、孵化した幼虫を木の中から割り出していた。産卵痕の割に幼虫の数が少ないと思っていたら、案の定、クワガタ等の幼虫が大好物のコメツキムシの仲間のサビビコリの幼虫や蛹が出てきました。こいつらがここまで大きくなっているとは、多くのクワガタの幼虫が犠牲になっていると言う事。あああ、あれだけ注意をしていたんだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歯ノコギリクワガタ

 夏の終わりから秋に羽化したノコギリクワガタと言うのは羽化しても蛹室の中で越冬して夏を待つのだそうだ。ノコギリクワガタは一年しか生きない、と多くの人が言うので、越冬なんてしないと勘違いしている人が多いみたい。  今年の五月、台櫟のウロの中に溜まった腐葉土の中にいた短歯ノコギリクワガタ。この時期にノコギリクワガタと言うのは意…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

大きいミヤマクワガタ

愛知県豊田市にクワガタを取りに行きました。土地勘がないので、東海環状道路付近を車を転がし櫟を探していました。すると案外多くクワガタがいました。 中でも写真のミヤマクワガタは圧巻。外国産のクワガタにひけをとらぬ大型です。七センチ。死後は標本確定です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギラファノコギリクワガタの孵化

 誤って割り出ししてしまったギラファノコギリクワガタの卵。ブリーダーのようにティッシュに包んで大切にしていた訳ではなかったので、半ば孵化を諦めていたが、なんと孵化していた。まだ体は白いのでクワガタマットを食べていない。  とりあえず孵化したものの問題はこれから。果たして温度管理は上手く出来るだろうか。国内産の昆虫はその辺りは楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捕獲 オオクワガタのメス

 オオクワガタは産地に出かけていってもなかなか捕れるものではないが、期待しないで滋賀県に捕りに出かけてみた。  現地に到着すると既に大勢の採集者が空振って帰宅の途についていた。限りなく諦めの境地で木を見に行った。すると、いきなり発見。初めて捕まえたオオクワガタはメス。その大きさにびっくり。5.3センチ。大きさもそうだがこんな簡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サバケノコギリクワガタ

 アフリカ産のノコギリクワガタのメスだそうです。パッと見、ツヤクワガタって感じで、良い色と良いツヤ。オスが死んだと言うことでただ同然で売りに出ていて、ワイルド個体であったので、産卵を期待し、その後に標本にしたら良い、と思って思わず購入してしまいました。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドルサリスノコギリクワガタ

 フィリピン産の短歯タイプのノコギリクワガタ。太くて短くて真直ぐ伸びた顎はとっても不細工です。如何言う進化を辿ってこんな不細工になったのか、興味津々。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん むし
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生駒山麓でネブトクワガタ

 ネブトクワガタに再会するのは、もしかしたら30年振り位だろうか。最近、めっきり見かけなくなったなぁ、と思ったら、民家の塀にくつっいていた。携帯電話のカメラで撮影した画像なので分かりにくいのですが、顎の突起が貧弱な感じがします。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

生駒山麓でノコギリクワガタ

 東大阪側の生駒山麓でノコギリクワガタを捕まえた、と小学生。嘘かと思ったが、別の小学生も捕まえた、と話していた。嬉しそうに持抱えている籠の中には確かにノコギリクワガタがいる。飼育されていたのが逃げたのだろう程度にしか思わなかったが、知り合いの子どももまた生駒山麓で捕まえた、と聞いた。如何やらノコギリクワガタがいるらしい。  大阪・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スジクワガタのオス

 大阪府豊能郡の山中で発見したスジクワガタ。朽ち木の中でメスと一緒に発見。発育には些か問題を孕みますが、小さくても五体満足で元気。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん むし
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スジクワガタのメス

 大阪府豊能郡の山中で発見。朽ち木の中でオスと一緒に発見。今年初めて採集したクワガタなので、何だか嬉しい気分。  採集に連れて行った息子やその友達もおもしろいように捕りまくりコクワガタ、スジクワガタを合計15匹。楽しい初夏の一日を過ごしました。  オオクワガタの一大産地だけあってそれ以外のクワガタはみむきされないのかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more