テーマ:カメムシ

ヨコヅナサシガメの食事

 車に乗ってどんどん東に勢力拡大中のヨコヅナサシガメ。集団越冬を終え、そこらじゅうでハンティングをしています。獲物の隙を見て鋭い口で一突きし、昆虫のエキスを吸います。  今回の獲物は、ヨコヅナサシガメよりも遥かに小さな毛虫。容赦なく側面から一刺し。毛虫はなす術がありません。吸い尽くされるまでの命です。  今のシーズン、桜等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クヌギカメムシの幼虫

 暑さ、寒さは彼岸までといいます。彼岸が近づき随分暖かくなってきました。日当たりの良い所では越冬していた虫が活動し始めています。  葛城山系で発見したクヌギカメムシ。まだまだ幼虫です。ポカポカ陽気に触発されて動き回っていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツマジロカメムシの日光浴

 生駒山麓に広がる遊歩道に子供達を連れて行きました。時期外れの昆虫観察です。初冬を迎えた山に優しい光が降り注いでいます。風のない日当たり良好の斜面に腹部の両側がに走る白い斑点と胸部の白紋がトレードマークの紫色したツマジロカメムシを発見。どこにでもいる普通のカメムシですが、昆虫が少なくなったこの時期に御対面すると何だかありがたく感じま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クサギカメムシの日光浴

 生駒山麓に広がる遊歩道に子供達を連れて行きました。時期外れの昆虫観察です。皆、虫好きだけあって浮き浮き。暖かい光が射す所には越冬虫の虫が日光浴の為に顔を出します。予想最高気温が14度。昆虫には十分出会えそうです。  いきなりクサギカメムシを発見。案の定、現れました。越冬する昆虫の定番です。じっとしていますが、人の気配を感じる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメンボ

 水溜りに落ちた虫の振動に反応して、溺れた虫に近寄ってきました。そして、カメムシ目の特徴の長い口を体に刺し、体液を吸っています。体液ってどんな味がするんだろう。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★観察日記―虫めがねで見る宇宙 【昆虫図鑑】 ★はっけんずかん …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クワガタ採集のお土産

 笹が生い茂るクヌギ林をクワガタを求めて7時間。オオクワガタやヒラタクワガタ等を30匹程捕まえました。毎度の事ですが、疲れ果てた体に鞭を打ち後片付けをしていたら、案の定、こんな虫をお土産に連れて帰った事に気付きました。ダニです。毎度の事なので慣れましたが… 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオクサカメムシの名前の由来は何だ???

 このカメムシ、とっても臭い。噂によると、自分の臭いで自らの命の落とすんだとか。事の真偽は判りませんが…  息子が、青くて臭いカメムシだからアオクサカメムシなのか、と聞いてきました。違う。青い草亀虫、と答えました。しかし、漢字表記を調べてみると、青臭亀虫でした。息子の言う通り、青くて臭いカメムシだったんですね。勉強になりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

場所によっては絶滅危惧種 赤条金亀虫

 場所によっては絶滅危惧種にされている赤条金亀虫(アカスジキンカメムシ)。歩く宝石と言われているものの、一方で不快害虫とも認識されている。  歩く宝石と言われているだけあって、緑に赤条が美しい。しかし、死んでしまうと緑色の部分の鮮やかさがなくなって、歩く宝石からただのカメムシに格下げ。  今朝、金剛山系に昆虫採集に出かけた時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤミイロカニグモのエビイロカメムシ狩り

 まさかカメムシがクモに狩られるとは…。俄かに信じがたい出来事でした。狩ったのはヤミイロカニグモのメス(オスはメスより色が黒くなるのでメスです)。網を張らず近寄ってきた自分より大きなエビイロカメムシをご覧の通り狩りました。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな冒険 ★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人面カメムシ ヒメホシカメムシ

 確かにナガメの模様には、目と鼻があって人面に見えた。しかし、ヒメホシカメムシの模様には目と口があり、人面に見える。  カメムシの模様にはこのような人面に見えるものが何種類もいる。  生駒山系で見つけました。これから数か月の間見頃です。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひっくりカメムシ

 遊歩道でクサギカメムシがひっくりかえってた。  このカメムシ、家の中で集団で越冬することが多い。それで、知らずに触って強烈な臭いを何度もかまされた。そんな事があったので、かなり苦手な虫である。  こんな状態で可哀想だと思ったが、また臭いをかまされると思うと、助けてあげようとする気持ちが急に失せたのである。 【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨコヅナサシガメは車に乗って移動する

 もともと中国出身のヨコヅナサシガメは、カメムシの仲間。1928年に九州で発見され、1995年に栃木迄進出し、今もどんどん東に勢力を拡大中。特に、高速自動車道に添っての分布が目立っています。つまり、自動車に乗って移動しているんですね。  先日、こんな風に紹介しましたが、偶然と言うのは恐ろしいもので、ヨコヅナサシガメのヒッチハイクを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エビイロカメムシ

 カメムシと言えば悪臭。悪臭と言えばカメムシ、と言った具合に、私の中では、悪臭の代名詞カメムシ。うっかり触ろうものなら、たちまち後脚の付根から、ターゲットに向けて正確に強烈な悪臭を放ちます。密閉した容器の中でカメムシが悪臭を放つと、自らも悪臭にやられてあの世に行ってしまうと言う程の代物。かなり強烈です。  さて、写真のカメムシは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人面カメムシ ナガメ

 昆虫の模様って色々ありますよね。理由が簡単明瞭なものから何でこうなるのってものまで多種多様。  今日見つけたカメムシの模様は何となく人の顔に見えました。名前はナガメ。模様も名前も変わっています。アブラナの近くで発見しました。 【昆虫の写真の撮り方】 ★昆虫写真マニュアル ★昆虫の撮影法 ★虫をめぐるデジタルな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more